2007年01月07日

106:センター対策1to have pp

☆センター試験当日まで企画☆



[予想point1]

適切な3単語を埋めましょう

He is said ( ) up at this inn then.

彼はあの時この宿屋に泊まったと言われている




■答to have put

■Essence

・put up at ~〜に泊まる

・to have P.P.は「〜た」

・then「過去の語句」があるのがポイント

■Hop

○明けましておめでとうございます。

本日からセンター当日まで、センター試験の予想文法問題を配信していきます。

皆さんは次のような時制のルールを習ったことがありませんか?

「to have PPは主節のVより以前の時制をあらわす」

ややこしい言い回しですよね?

参考書などの例

★He is believed to have been guilty.

to have beenはis believedの「現在」よりも前、

つまり「過去」を表し、書き換えると

=It is believed that he was guilty.

と、was「過去」になる。

…。


■Step

○えーと、分析すりゃいいってもんじゃありません。

わかってない人、インテリ気取りの人ほど分析したがる。

あのですね、言語は本来音声です。

音で聞いた瞬間に、意味の違いが直感的に感じられるはず。

to have ppは、英語圏の人にとって、聞いた瞬間に

「主節のVより以前の時制」

だと理解できる音なんです。

これって、同じ音が日本語にもありませんか?

そう、「た」です。

「た」は、その文中の基本時制よりも以前のことを表す音です。

○日本語で考えて見ましょう。

☆彼は有罪であると信じられている。

この文では「である」と「ている」はどちらも現在時制を表しています。

英語だと

★He is believed to be guilty.

ですね。次。

☆彼は有罪であったと信じられている

ここでは「た」が「ている」よりも以前の時制を表していますよね?

英語で書くと

★He is believed to have been guiltyです。

ということは

●to have pp=「た」

ということになりそうです。

これで、直感でわかるようになったはずです。

■Jump

○例題をといてみましょう

《誤りを正せ》

This wall is a part of the structure thought to be built in the last century.

書いてあるまま直訳をしてください。

余計なルールとか考えなくていいです、そう、直感で。

structureは「建造物」です。

「この壁は前世紀に立てられると考えられている建造物の一部だ」

おかしいですよね?

「前世紀に立てられ「る」」??

「前世紀」なんだから「立てられ「た」」ですよね??

解答は、to be → to have been です。

○本日の問題

★He is said ( ) up at this inn then.

彼はあの時この宿屋に泊まったと言われている

・be said to V「〜といわれている」

・put up at ~「〜に泊まる」

to put up at~だと「〜に泊ま「る」」

to have put up at~だと「〜に泊まっ「た」」

日本語を見ればどちらが答かわかりますね。

○センター本番では、ほかにも

may have pp「「た」かもしれない」

must have pp「「た」に違いない」

cannot have pp「「た」はずがない」

should have pp「〜すべきだっ「た」のに」

など出題される可能性が高いですね。

(裏)

髪切りたい…

posted by マサ at 22:59| 時制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。