2007年06月06日

113:in + terms

■[意味をとりましょう]

Such idea can be expressed more clearly in terms of mathematics.





■試訳

この考えは数学用語でもっと簡単に表現できる

■本日のポイント

・termの和訳

→「期間、学期、(契約)条件、間柄、観点、言葉・用語」

・in terms of ~

→「〜の観点で」

・inとくっつくtermは「観点」か「言葉」の意味

■■Hop

○皆さんご無沙汰しておりました。

暗記しないで受かる英語のマサです。

本年度は春先からドタバタが続きまして、メールマガジンの配信が止まっておりましたが、

一段落つきましたので、例年通り、ムダに元気よく配信を再開したいと思います。

○本日の問題は実際に河合塾で教えたものです。

長文の一節だったのですが、授業後に質問が集中。

「マサせんせー、さっきの和訳なんですが」

「なに?」

「in terms ofは「〜の観点で」じゃないんですか?」

「なんで?」

「だって辞書にそう書いてたから」

辞書とはある文脈とは関係なく、意味をちぎって載せているだけの存在。

文章をよく読めば「観点」の意味ではないとわかるはずです。

■■Step

○まず次のことを理解してください。

数あるtermの意味の中でも、inにくっつくtermは大体「観点」か「言葉」の意味になります。

☆in + term(s)=「〜な観点、〜な言葉」

確かに辞書には

☆in terms of~・in ~ terms「〜の観点で」

と書いてありますが、次の文ではどうでしょう。

★~ describe the unknown in rational terms

×「合理的な観点で未知のものを描写する」

微妙な日本語ですが、describeは「「言葉で」言い表す、描写する」という意味。

ですから

○「合理的な言葉で未知のものを描写する」

のほうがしっくりきます。

「なんで「言葉」の意味のtermにinがつくの?」と思う人に中1レベルの例題を。

★[適語をいれよ]

I wrote a letter ( )English.

わかりますよね?

答はin。

「英語で〜」というときin Englishというのは誰でもわかる。

そこで、Englishは「言葉」なわけですから、要するに

「言葉で〜」というときは「in + 言葉」になるんです。

だったら

★〜describe the unknown in rational termsも

「合理的な言葉で〜」という意味になり、「in + 言葉」のパターンと考えるのが自然です。

■■Jump

○本日の問題

★Such idea can be expressed more clearly in terms of mathematics.

この文章も動詞が「express=説明する」になっています。

「説明」は基本「言葉で」するもの。

「言葉で」を表す英語は「in + 言葉」のパターンです。

したがって、以下の部分

★〜in terms of mathematics.

は「数学的な言葉で」の意味。

いくら辞書に欠いてあるからといって、

決して「数学的観点で」の意味ではありません。

わかりましたでしょうか。


(裏)
最近無性に腹が減ります。妊娠でしょうか。
posted by マサ at 01:57| 得点直結!狙われる多義語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。