2005年11月18日

028:leaveとforget

今週末はどこかに行こうかなと思っていたんですが、

WEBでの授業とかができるソフトが面白くていじり倒しています。

あぁ、俺って秋葉系。

■[適語を入れましょう]

I carelessly ( ) the book where I had been told to go.

「私は不注意にも、行けといわれたところにその本を置き忘れた」


■答:left

■Hop
○今日はどのイデオム集にも載っているお話です。

手元の参考書にはこんな風に書いてます。

Leave ~ behind「??を置き忘れる」

例:leave an umbrella behind

なんてふうに。

受験生のころ、とりあえずこれを覚えました

○次のように憶えてください。

[leave ~ +場所の表現]

必ず「場所の表現」が必要。

これが正確な「置き忘れる」の理解の仕方です。

・left a purse on her desk.

「財布を机の上に置き忘れた」

たんに

left a purse

というだけでは置き忘れるの意味にはなりません。

■Step
○それではたんに「彼女は財布を忘れてきちゃったんだよ」という場合にはどうするか。

×She has left her purse.

これだけだと場所の表現がないから×です。

でも日本語には場所の表現がかかれてないから書きようがない。

そのときにbehindが登場します。

She has left her purse behind.

わかりますか?

Behind「うしろに」が「場所の表現」の代わりをしているんです。

置き忘れる場所って、そこから人は離れていくんだから

「後ろに」のイメージですよね。

だから単に「おきわすれる」といいたいときは

leave ~ behindと書く。

○ちなみに、完全に場所情報を書きたくないとき、

behindすら書きたくないときは

forgetを使ってください。

She has forgotten her purse.

「彼女は財布を置き忘れちゃっている」

本問は

I carelessly ( ) the book where I had been told to go.

where ??の部分が場所表現ですよね。

なのでforgetは×でleaveが正解です。

☆本日のポイント☆
・leave ~+場所「(場所に)??を置き忘れる」
・具体的場所の表現を書かないときはleave~ behind
・forgetの場合は場所表現が不要
posted by マサ at 08:16| 動詞周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。