2005年11月24日

031:to one’s 感情名詞

おはようございます。

大学受験はいうに及ばす、TOEICの試験も1月に迫っていますね。

長い間大声で扉をたたき続ければ、誰かが必ず目を覚まして扉を開けてくれます。

あともう少し、腹から声を出し続けましょう。

■[適語を入れましょう]

The meeting had to be cancelled ( ) my regret.

「残念なことにその会は中止せざるをえなかった」


■答:to

■Hop
○to A’s 感情名詞

=「〜なことに」

これ知ってますか?

手元の参考書にはこんな例文が。

To his surprise, he found the house empty.

「驚いたことに、彼はその家がもぬけの空だと気づいた」

私が受験生の頃に暗記させられた文はこんな感じ。

To my sadness, I was made to part from her.

「悲しいことに私は彼女と別れざるをえなかった」

○今あげた例文ではto A’s 感情名詞が文頭に来てますよね。

私も文頭で使うものだと学生の頃覚えました。

それで次のような文に出くわします。

She managed to achieve her goal to her joy.

「うれしいことに彼女は目的を何とか達成した」

なんで?

なんでto her joyが文尾にあんの?

俺は○○先生に騙されていたのか?

なぁ、かあちゃんっ、そうならそうといってくれっ。

■Step
○これはtoという単語のイメージをつかんでいればわかります。

ちなみにto doとあったら不定詞、

to名詞とあったらtoは前置詞、なんて分類はどうでもいいですからね。

ネイティブにとっては同じ単語ですから。

○[to]は基本的に[→]のイメージです。

A to BとあればA→Bなんです。

Aがあって、それからBが起こる。

時間的にAが先、Bが後。

確認します。

I made efforts to pass the exam.

「試験に通るために私は努力した」

A=I made efforts

B=pass the exam

「努力する→それから受かる」

A→Bですよね?

一応和訳は「〜するために」と

中学生の時に習った訳にしてありますけど、

別に文脈によっては

「努力をして受かった」と訳すことだってあります。

○次

He went to the seaside to be drowned.

Toが二つありますが、後ろのtoだけを考えます。

A= he went to the seaside

B=be drowned

A→Bだから

「彼は浜辺に行った、そしておぼれてしまった」

これを昔習ったみたいに

「おぼれるために浜辺に行った」

と訳すと自殺願望者の文脈に限定されてしまいます。

事故としておぼれたなら

「彼は浜辺に行った、そしておぼれてしまった」

の和訳以外ありえません。

○それでは本文。

The meeting had to be cancelled to my regret.

A= The meeting had to be cancelled

B= my regret

A→Bなので

「会が延期された→そして残念だった」

よろしいですか?

時間の流れからいうと、

to my regretは最後にあるのが自然なんです。

発話される順番と、内容があらわす時間の順がどちらも

A→Bになるから。

「延期された」とのあとで「残念だった」

と読むほうが自然。

だから、

to A’s 感情名詞は文尾に置ける、というより

文尾にあるほうが自然なんです。

文頭に置かれるのは、日本語だって同じような用法がありますよね。

「いやーびっくりしたんだけど、アイツのスーツっ」

「アイツの服を見る→私はびっくり」だから

時間の流れは逆になってます。

結果的にでてくる自分の感想をを先にいっちゃってる用法なんですね。

適当に作りかえて英語で書くとこんな感じです。

He was dressed in purple to my surprise.

「彼は紫の服を着ていて→びっくりした」

To my surprise, he was dressed in puyrple.

「びびったよ←あいつ紫の服着てたんだよ」

文頭に出すこともある、

文頭に出すと、先に思わず自分の気持ちを言っちゃってる感じ。

ただそれだけです。

本来は文尾にあるもの。

わかりました?

☆本日のポイント☆
・to one’s +感情名詞
「〜なことに」
*文頭にあるとは限らない
・[to]は[→]のイメージ
・A to BはAが先、Bが後

posted by マサ at 07:46| 必須熟語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。