2005年11月29日

034:go・come

[誤りを訂正しましょう]

「ちょっと来てもらえませんか」
「はい行きます」

“Would you come here a moment?”
“Yes, OK, I’m going.”

解答3行下



■答:going→coming

■Hop
○今日は受験でもTOEICでも頻出の語法です。

「今行きまーす」は英語では

I’m comingであって

I’m goingではありません。

「行く」=go
「来る」=come

と習ってると思うんですが英語では発想が違います。

◆日本語の場合

[I→you]の移動は「行く」
[I←you]の移動は「来る」

◆英語の場合

[I→you]の移動はcome
[I←you]の移動はcome

そう、英語では全部comeで表します。

「今晩は君のところにいけないよ」

I cannot come this evening.

のようにgoではなくcomeを使います。

■Step
○それではgoはどんな時に使うのでしょう。

◆goは[I⇔you]の枠組みの外にいく場合に使う

イメージは←[I⇔you]→です。

I should like to go with you.

「あなたとご一緒したい」

私とあなたが、そろって自分たちのいるところとは別の場所に行こうとしています。

つまり[I⇔you]の枠の外へ、です。

次の文を考えてください。

Thank you for telling me: I'll come/go right away.

「教えてくれてありがとう, すぐ行きます」

comeを使うと「すぐ君のところに行くよ」ってな意味。

goを使うと会社の同僚からいい情報を教えてもらって

「すぐに取引先にいってきます」ってな意味あいです。

本文では
「ちょっと来てもらえませんか」
「はい行きます」

“Would you come here a moment?”
“Yes, OK, I’m going.”

これらは[I⇔you]の枠の中の話です。

だからcomingを使う。

「行く」につられてgoingといわないように。

わかりましたか?

☆本日のポイント☆
・[I→you]の移動はcome
・[I←you]の移動もcome
・[I⇔you]の枠組みの外への移動はgo
←[I⇔you]→のイメージ

posted by マサ at 10:19| 動詞周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。