2005年11月22日

030:suffer from

[必要なら適語を]

The company suffered ( ) considerable losses in April.

その会社は四月にかなりの損失を受けた  

解答3行下



■答:不要

■Hop
○本日は暗記してると間違う問題です。

suffer from「??で苦しむ」って聞いたことありますよね。

で上のような問題ですぐfromを入れてしまう。

Sufferときたらfromなんていうのは

パブロフの犬並みです。

鈴がなったら餌がなくてもよだれを出すあの犬。

機械的に反応しすぎです。

ちゃんと意味を考えてください。

He suffrered ( ) much pain.

このような文ではfromを入れると

「苦しみで苦しむ」

変ですよね。

水で水飲む

模試で模試受ける

全部変。
 
○sufferの意味は「??を受ける」

先ほどの文だと

He suffered much pain.

「彼は大きな痛みを受けた」

でfromは不要です。

ただ、約束事があって、「Aを受ける」のA部分は

必ず「苦しみ、痛み」系の名詞がきます。

suffer serious injuries

「ひどい傷を受ける」

Are you suffering any pain? 

「なにか苦しみを受けていますか」

■Step
○それではfromどう使うのでしょう。

実は昨日と同じ使い方です。

「予期しなかったきっかけ」を表します。

先ほどの文にくっつけてみます。

suffer serious injuries from a traffic accident

「事故でひどい傷を受ける」

ここまでをまとめますと、

◆suffer A from B

「BをきっかけにA(=苦しみ・痛み系)を受ける」

○ただ、sufferはいつも「苦しみ系」を受ける、という

使い方に決まってますから、Aが単に「苦しみ」の意味の時はAを発話せずに済ませます。

~suffer pain from cancer.

「がんで苦しみを受ける」

これなんかは、pain[苦しみ]としか書いてませんから、

suffer from cancer

とだけ書いて、painを省略してもOKです。

Sufferと聞いただけで「苦しみを受けたんだね」とわかるからです。

これが皆さんの覚えているsuffer fromってヤツです。

○次

suffer considerable losses from his misjudgement.

「彼の誤った判断で多大な損害を受ける」

と書いてたとしたら、

単に「苦しみを受けた」のではなく

「苦しみは苦しみでも、大きな損害という苦しみを受けた」

と伝えたいわけですからconsiderable lossと発話しないと相手に意味が伝わりません。

だから省略したりしない。

いいですか?

◆suffer A from B

Aは苦しみ系
Bは予期しなかったきっかけ

Aは具体的意味がない時は書かない、

そのときにsuffer fromと見えるだけ

本文では

The company suffered ( ) considerable losses in April.

( )の後ろは苦しみ系です。

苦しみのきっかけではなく。

だからfrom不要。

わかりました?

☆本日のポイント☆

・suffer fromと丸暗記は禁物
[suffer A from B]
「BでAを受ける」
Aは苦しみ系
Bは予期しなかったきっかけ

Aは具体的意味がない時は書かない、
そのときにsuffer fromと見えるだけ
posted by マサ at 11:29| 必須熟語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

026:nothing

おはようございます。

HPで載せている日記「家庭教師バトル」のほうの話なんですが、

リサが家に帰ってきてないんですよ。

日曜の夜から。

どこ行っちゃったんでしょう。

高校にも行ってないらしくて。

両親そろってまったく心配していないのが驚き。

こまった。。

■[適語選択]
They gave me the ticket for ( ) in exchange for the useful information.
彼らは役立つ情報と交換にただでチケットをくれた


■答:nothing
■Hop
○今日はIdiomでおなじみのfor nothing。

おなじみといいましたが、知らなかった人はいい機会ですから

考え方を理解してください。

まず、forの考えかたからです。

☆基本「??に向かう」という物理的移動

I left for Osaka.
「私は大阪へ向かった」


☆「人、物が向かう」→「気持ちが向かう」に変化

He is anxious for wealth.
「彼は富のために必死である」

このあたりは「??のために、??を求めて」と訳したりします。


☆「気持ちが向かう」から「交換」の意味

He must work so hard for his absent colleague.

二パターン訳しますから、比較してください。

「休んでいる同僚のために一生懸命働かなければならない」
「休んでいる同僚のかわりに一生懸命働かなければならない」

同じ意味ですよね?

「??のために」=「??のかわりに」なんです。

このあたりから「交換のfor」というのが顔を覗かせます。

○本文でin exchange for the useful information

「役立つ情報と交換に」という表現がありますけども、

exchange「交換」ですからかなりforとは仲良しです。

・in exchange for 「??と交換に」

・exchange A for B「AをBと交換する」

■Step
○先ほどのexchangeを使って

☆exchange the tie for a belt.

「そのネクタイをベルトと交換した」


☆今度は物々交換ではなく金銭との交換

pay 500 yen for the tie

「ネクタイと交換に500円払った」

安すぎます。

buy the tie for 500 yen

「500円と交換にネクタイを買った」

きっとコナカです。


○もし、これが「0円と交換で」だとなんて書くでしょう

「無価値、ゼロ円」はnothingで表します。

すると

buy the tie for nothing

「0円と交換でネクタイを買った」

つまりただで買った。

このfor nothingという表現だけを捕らえて世の中の参考書は

「for nothing「ただで、無料で」暗記!」なんて書いてます。

別に

pay nothing for the tie

ともかけるのに。

○他にもfor nothingは「むだに」と訳せることがあります。

He made much effort for success.

だと、「成功を目指して努力」つまり

「努力のあと、交換に成功がもらえる」ってことです。


これを次のように変えます。

He made much effort for nothing.

「努力のあと、交換に何ももらえない」

つまり「むだに努力した」とも訳せる。

・for nothing「ただで、無料で、むだに」

これは単なる意訳です。

ホントは「0円、無価値と交換で」です。

わかりましたか?

☆本日のポイント☆
・for nothing「ただで・むだに」
・in exchange for「??と交換で」
forは「交換」
nothingは「無価値、0円」
直訳をすればわかる
posted by マサ at 07:53| 必須熟語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

010:takeとin

マサです。

昨日朝起きたらギックリ腰になってました。

腰を振りまくった憶えはありません。

フォー。

風邪で寝込んでたからかも。

それでは今日の講義。

【適語を入れよ】
I was nicely taken ( ) by the smooth talker.
= I was nicely deceived by the smooth talker.


【解答in】
「私は口の上手いヤツに見事にだまされた」
・take in「だます」=deceive

皆さんは騙されやすいほうですか?

私は先日PCを下見しようとビックカメラにいってオタク風店員と話し込んでたら
帰るときにはPCと周辺機器一式を買っていました。

みんなも騙されてませんか?

「take inは「受け入れる、理解する、だます」の三つの意味だ」

手元の熟語集にはこう書いてあります。

いやいやいや、騙さないでよ。

意味は1つしかない。

take「とる」in「中へ」

だから「中へ取り込む、中へ取り入れる」です。

・take in the washing 「洗濯物を中へ取り入れる」

これならそのままだからわかりやすい。

私の持つ辞書にはこんな例文があります。

・take him in as a business partner
「彼をビジネスパートナーとして採用する」

おいおい、「採用する」って勝手に意訳すんなよって感じ。私だったら

「彼をビジネスパートナーとして取り入れた」と読みます。

そしたらみんなも「採用したってことだな」って自然にわかるでしょ?

また、いろんな意味があるように思えるのは「何処の中に取り入れるのか?」が文脈に任されているからです。

今の例文だったら、「会社に」取り入れたってことです。

「会社に」っていうのはbusinessって言葉でわかると思います。次。

・They haven't yet taken in how important this matter is.
「この問題がいかに重要であるかを彼らはまだ理解していない」

これは「理解する」の例ですが、「取り入れている」場所は「頭の中」です。

後ろのhow importantという表現でわかると思います。

「どれほど重要かを取り入れることができてない」=「理解していない」

さて最後に本問。

・I was nicely taken in by the smooth talker.
「私は口の上手いヤツに見事に騙された」

直訳すると

「口の上手いヤツに見事に取り入れられた、取り込まれた」

何処に?

もうわかると思いますが、

「相手のペースに」です。

文脈上smooth talker「口の上手いヤツ」からわかると思います。

理解できた?

☆今日のポイント☆
・take in 「騙す、理解する」というより「取り入れる、取り込む」
・直訳すれば文脈が勝手に意味を教えてくれる。
posted by マサ at 06:30| 必須熟語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

009:callとfor

今日からメルマガ配信開始です。

創刊号から読んでくれているみんなに感謝します。

知識は出し惜しみしません。

モロ出しです。

インリンのM字開脚級です。

これでもかっ、ほりゃ、どないじゃ、って見せびらかします。

予備校講師としてのメンツにかけてみんなの英語力をアップさせるよう
がんばるからみんなもついてきてください。

【適語を入れよ】
Different kinds of reading matter call ( ) different kinds of reading.
「本によって様々な読み方が必要となる」
制限時間30秒




【解答:for】

call for「(物事が)??を必要とする」と手元の辞書には書いてます。

それを君たちは先生に「憶えろっ」といわれ、その後、

We called for more beer.

なんて文に出会って

「Sは物事じゃないのか?あっ、辞書に「??を求める」って書いてあるっ。
そうか、call forには二つ意味があるのか。あぁっ、「ふさわしい」って意味もあるぞ。うーん、休憩」なんて言ってる。

こんなんだといつまでたっても英語は暗記ってなる。

callって何?

「呼ぶ」でしょ。

forは?

「??に向かって」の意味から「??に(気持ちが)向かって」と変わり、「??を求めて」になります。

たとえば

We leave for Osaka.「大阪に向けて出発した」では

forは「(物理的に)大阪に向かって」だし

Everyone wishes for happiness.「みんな幸せを願ってる」では

forは「(気持ちが)幸せに向かって」です。

だからforには「気持ちが向かう=??を求めて」という意味がある。

話を戻して、call「呼ぶ」とforをたすと

「??を求めて呼ぶ」になります。

んじゃWe called for more beer.は

「おねぇちゃんもっとビールくれや、ウィッ、おぅぇ」

ってネクタイを鉢巻にしたおっさんが新橋のガード下で声を出して店員を呼んでる感じ。

つまり「ビールを求めて呼ぶ」ってこと。

ほかにもcall for「ふさわしい」なんて辞書には載ってますが

Your rude behavior was not called for.
「あのような不作法な態度はふさわしいものではない.」

つまり「求めて呼ばれてない」=「ふさわしくない」

もっといいのは「お呼びでない」という訳だと思います。

最初の問題のは

「求めて呼ぶ」=「必要とする」という意味で、

「いろんな本がいろんな読み方を求めて叫んでいる」ぐらいの意味です。

イデオムのいろんな意味というのは、単に文脈に合わせて意訳してるだけのこと。

ホントは意味なんて一つしかない。

おわかり?

☆ポイント☆
・callは「呼ぶ」forは「求めて」
・call for 「求める、必要とする、ふさわしい」は全部「??を求めて呼ぶ」と考えてOK
posted by マサ at 07:20| 必須熟語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

005:in that S'V'…

【適語を埋めよ】
Men differ from animals ( ) that they can think and speak.
制限時間30秒


【答え:in】
「人は考え話すことができるという点で動物と異なる」

まず、全般的なものをあらわすには名詞の複数形を使う。

(ex) Dogs can run faster than cats.
犬は猫より早く走れる。

この文脈では「人(一般)、動物(一般)」であるのでmen, animalsと複数になっている。

次に、接続詞のthatの復習。

接続詞のthatは完全文の前にくっついて「??ということ」という意味の塊を作る。

それで名詞の働き(S,O,C,前置詞のO,同格)すべてになれる。

本文では前置詞inのOになっている。

〈イメージ〉
SVXX in+[that they can think and speak.]

さて、参考書には
in that S'V'…「??という点で・??なので」
イデオムなので暗記!などと書いてある。

しかしもともとin自体が「??の点で」という意味があるのを知ってるか?

She resembles her mother in appearance.
「彼女は母親と見た目そっくりだ」

Her mother has a different opinion from her father in child rearing.
「彼女の母は父と子育てについて意見が違っている」

このように「同じ・違う」という文脈は「何の点で?」と聞きたくなる。

そのとき使われるのがin「??の点で」である。

上の例文ではresembleとin、differentとinがセットで目に入るようにしてほしい。

ということは、本問では
「differ?違う、か。んじゃ何の点で?inがないな、でも考えはなせる点で、と訳せるな」
と考えてほしい。

するとイデオムin thatなんて知らなくとも答えはinである。

☆ポイント☆
・in that S’ V’…「??という点で・??なので」
理由っぽく意訳してもいいです
・「同じ、違う」と「??の点で」のinはセット
posted by マサ at 04:31| 必須熟語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。